産後の生理の量が少ないのですが大丈夫ですか?
という質問を産後のママさんから頂きました。
産後はホルモンが変わるため生理の変化が出やすいです
子宮が妊娠で大きくなるため量が多く出るママさんが多いですが量が少なくても心配しなくて大丈夫です。
生理の再開直後は無排卵のため生理が少ない可能性があります
ホルモンが落ち着いてくると通常の生理に近くなってきますし排卵が再開すると体温も上がります。
明らかに少ない場合は卵巣機能の低下が考えられるので婦人科の医師に相談してみてください

【目次】

産後の生理はだいたいいつから再開するのか?

産後のママさんは出産後8ヶ月から1年の間に生理が再開する方が多いです。
母乳とミルクの混合の場合は3〜4ヶ月あたりに早く生理が再開すると言われています。
母乳を与えていると授乳のホルモンが出ているので排卵が起きずに生理がこないということなのです。
ホルモンは特に夜間に分泌されているので夜の授乳が多いほど授乳のホルモンが多く出ますのでその分生理の再開が遅れる傾向にあります。
また帝王切開だから生理の回復が早いとか遅いといった傾向はないようです。

断乳しても生理がこない

子宮のダメージがあると断乳しても生理が再開しないことがあります。
母乳をあげていると生理がこない可能性がありますが、しかし断乳後に半年すぎても生理が再開しない場合は「高プロラクチン血症」や子供が欲しがっていないのに母乳がまだ出ている場合は「甲状腺機能低下症」の疑いがありますので担当の医師に確認をとってみてください。
また余談ですが2歳を過ぎて母乳をあげているママさんもいます。
「早く卒乳をすることがエライ」という風潮が日本にはあるので子供の意思を尊重してあげましょう。

産後のセックスはいつから?

産後のセックスの再会は一概には○ヶ月という明確な指標はないのですが、
出産後の体はダメージを受けていますので気持ちが乗らないという時はスキンシップだけにしましょう。
特に授乳中は次の妊娠を防ぐためにホルモンも出ておりセックスをしたくないという感情が女性にはあります。
ただ出産後にセックスレスになる夫婦は多いのでマッサージをし合うなどスキンシップを取るようにすると効果的です。
また生理が再開していなくても排卵をしていることがあり妊娠する可能性がありますので次のお子さんの計画がなければ必ず避妊をするようにしましょう。

産後の子宮の回復を促すツボ

出産後の子宮は疲労しています。
子宮の疲労が続くと正常な生理の再開ができなくなります。
そこで産後の子宮の疲労を取るツボについてお伝えします。

1、三陰交(さんいんこう)
ツボの場所:内側のくるぶしから指4本分膝に向かって上がったところでスネの骨の内側にとります
骨の上を押さないでください、場所がわからなければボディクリームを使い内側のふくらはぎをマッサージするだけでも産後の子宮を回復させる効果があります。

2、踵(かかと)
踵には子宮や卵巣のツボがあります。
まずはボディクリームを使い、指で挟むようにしてください。
滑らせるようにマッサージをしてください。
1分ほどマッサージをしたら今度は足首を回すようにしてください。
足首をグルグルと回すと子宮が温まってきます。

3、お腹のツボ
おへそから下の部分に手を当ててください。
特に恥骨のすぐ上には子宮が存在します。
手のひらを当ててもらい息を吐いた時に少し沈めてください。
3分ほどゆっくり呼吸をしているとお腹から体全体が温まってくる感じがあります。

まとめ

「あのママ友は生理がもう再開している」と他のママと比べてしまい焦ってしまう方がいます。
人によって生理の再開は個人差がありますので自分は自分と思ってください。
また子宮の回復を促すツボへのマッサージは自分でやるのはもちろん、
旦那さんにもマッサージをしてもらうようにするとコミュニケーションを履かれますので、ぜひマッサージをしてもらってください。
産後で体の不調がありましたらアイバランス治療院へご相談ください

下北沢で産後ケアならアイバランス治療院