産後でお子さんを抱っこしていると腱鞘炎になるママさんがやはり多く、治療院に行くのもなかなか近くにないという声を聞きます
軽症の場合、痛みが出ているポイントを押さえると腱鞘炎が改善する傾向にあります
そこで旦那さんに協力してもらって腱鞘炎を改善するマッサージのやり方についてお伝えしていきます
1奥さんに寝てもらうか、座ってもらうかしてください
2手のひら側で親指の膨らんでいる母指球の1番盛り上がっているところを自分の人差し指の第二関節のコブシで指圧します
指圧しながら奥さんに親指を動かしてもらって下さい(往復で30回を目安に)
3奥さんの人差し指と親指の水かき部分を挟んで指圧して下さい、指圧する場所は先ほどの母指球の盛り上がっているところとその手の甲側の反対側です
両方から挟んで指圧しながら親指を動かして下さい
4母子球が終わったら前腕部ツボを刺激していきます
ここは四瀆(しとく)というツボで前腕の骨の際にあるツボです
骨を指圧しない様に気をつけて刺激を入れてください
また指圧しながら母指を動かして下さい
これが終わったら何も指圧をしないで母指を動かして痛みが取れているか確認して下さい
痛みがあれば先ほどの3つのポイントを少しずらして指圧をしてみてください
指圧のポイントはジワーっと常に指を離さないで圧を加えて下さい
こちらの動画で詳しく解説しています